Skip to content

SSH鍵生成

ssh-keygen -t rsa -C "sample@gmail.com"
 ・id_rsa (秘密鍵)
 ・id_rsa.pub (公開鍵)

-t アルゴリズム
-C コメント

暗号強度を指定して鍵を作成(今はこっちが推奨?)

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "kakisttab@gmail.com"

# -t 暗号化方式を指定
# -b 暗号化強度を指定
# -C コメントを設定 

パスフレーズ

パスワードの長い版。単語を繋ぎ合わせて作る的な意味合いを含む?

フィンガープリント

指紋。
改ざんされてないか、確認するためのデータ。



(作成された)SSH Keysの確認

ls -al ~/.ssh


GitHub に登録してある公開鍵を確認

https://github.com/${USERNAME}.keys


Windows

git bush で実行可。

ssh-keygen

Enter file in which to save the key (C:\Users\kakis/.ssh/id_rsa):
⇒ Enter
Enter passphrase (empty for no passphrase):
⇒ 省略可。そのまま Enterできる。
Enter same passphrase again:
⇒ 同上


C:\Users\kakis/.ssh/id_rsa)
といった場所に生成される。

<生成されるファイル>
id_rsa
id_rsa.pub

※秘密鍵と公開鍵。テキストエディタで開く事ができる。
 「----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----」とか書いてある。


id_rsa.pub(公開鍵)を、ホスティング先にアップロード。
もしくは文字列をコピーして登録。


id_rsa が存在するフォルダにて sshコマンドを叩く場合、(↑のフォルダに id_rsaが存在している場合も?)
ssh ログイン時、-i を省略可。


Mac

ssh-keygen


ls -la ~/.ssh/

Linux

https://kakisoft.github.io/MiscellaneousDocs/Linux/ssh_key_nemo/


GitHub への登録

クリップボードにコピー

pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

登録方法

  1. GitHubにログイン --> Settings
  2. 左メニュー「SSH and GPG keys」
  3. New SSH key
  4. Titleに識別できる文字列を入力
  5. Bodyに先ほどクリップボードに入れた値をペースト
  6. Add Key

その後、ターミナルで以下を実行。
ssh -T git@github.com

VSCode

その後、VSCodeからアクセスすると、トークン発行画面が起動する。
発行されたトークンをコピーし、VSCode の左下あたりに出てくる「Auth xxx(だったと思う)」をクリックし、トークンを入力。