Skip to content

12 connect and check

プラガブルデータベース起動

alter pluggable database orclpdb open;

現在のコンテナをプラガブルデータベースに変更

alter session set container = orclpdb;

接続中のコンテナを確認

show con_name;

ルートコンテナに接続している状態なら「CDB$ROOT」となる。

open_mode 確認

select name, open_mode from v$pdbs;

READ WRITEとなっているか確認。

Oracle Database 12c R1からマルチテナントアーキテクチャと呼ばれるアーキテクチャが導入された。

ルートコンテナにはローカルユーザーを作成することができない。
ルートコンテナにローカルユーザーを作成しようとすると、エラーが発生する。

マルチテナントアーキテクチャでは、単一のインスタンス内に複数のデータベースを配置することができる。
マルチテナントアーキテクチャにおける個々のデータベースをプラガブルデータベース(PDB)と呼ぶ。
マルチテナントアーキテクチャにただ1つ存在する管理用のデータベースとしてマルチテナントコンテナデータベース(CDB)が存在する。
マルチテナントコンテナデータベースをルートコンテナと呼ぶ場合もある。

アーキテクチャ

https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/1272

Oracle 12cでユーザ登録からテーブル作成までをやってみた。

http://replication.hatenablog.com/entry/2015/08/05/093000

ネットワーク利用の有効化Add Star

http://d.hatena.ne.jp/cyokodog-memo/20120522/1337676161

データベースmylocaldbに接続中です。
PL/SQLの実行中: CALL DBMS_DEBUG_JDWP.CONNECT_TCP( '127.0.0.1', '54003' )
ORA-24247: アクセス制御リスト(ACL)によりネットワーク・アクセスが拒否されました
ORA-06512: "SYS.DBMS_DEBUG_JDWP", 行68
ORA-06512: 行1
プロセスが終了しました。
データベースmylocaldbから切断中です。