Skip to content

Google Chrome Developer Tools

https://developers.google.com/web/tools/chrome-devtools/?hl=ja

ソースを表示

command + option + u

デベロッパーツール起動

command + option + i

Webページ内の要素を検証

デベロッパーツールの左上のマークを押す -> ページの要素を選択

キャッシュを削除(Mac)

左上メニューの「Chrome」 -> 閲覧履歴を消去 -> キャッシュされrた画像とファイル
-> 「データを削除」

Elements パネル

編集

移動、削除、編集、id や class を変更
右クリック -> Edit as HTML

css/styke

Elements  -> Styles 
タブにて、css の内容を確認できる

css ソースファイル名も確認可。

「Inherited」と書かれたスタイルは、親要素からの。

□チェックボックスの on/off で、スタイルの有効/無効 を設定できる。

paddidng/mergin の内容を確認できる。

右上の「+」マークで、スタイルの追加ができる。

「:hov」で、ホバー時の挙動とか。


### Computed タブ
にて、まとめて見る事ができる。

### Event Listeners タブ


### DOM Breakpoints

Network パネル

どのファイルが、どのタイミングで呼ばれたかを教えてくれる。
読み込みが遅い時に、原因調査の足がかりになる事が。

Initiator    どこから読み込まれたか

ヘッダ右クリックで、その他の情報を表示できる。

各ファイルをクリックすると、詳細を見ることできる。
画像だったり、jsファイルだったり。

左上の「○」の隣の「●(道路標識の止まれみたいなの)」を押すと、クリアできる。


Filter    特定の情報だけを表示。js だけ、css だけ、etc...

preserve log    通常、リロードするとログは消えるが、チェックを入れているとログを残したままにする。

☆右クリックで、ブラウザのキャッシュや cookie を消すメニューを表示できる。

Sources パネル

javascript や css が編集可。

変更した内容を保存可。
保存履歴を見る事ができる。

編集したファイル -> 右クリック -> Local modification

編集した内容を保存したい場合、「Save As」

【 JavaScript 】

エラー:  右上の●に、エラーの数が出る。クリックすると、その内容を表示。

ブレークポイントを設置可能。
変数名にカーソルを合わせると、中身を見る事が出来る。

ステップイン、ステップオーバー可能。(上段:右の矢印のアイコン)

Performance

Memory

Application

旧名:Resouces

Local Storage
Session Storage
Cookies

Audits

パフォーマンスについての提案

Console

JavaScript をそのまま試す事ができる。

左上の●(止まれマーク)で、現在出力中の内容をクリア。

Elementsパネルと一緒に使う。
選択→
$0        → 現在選択中の要素を表示
$1        →1つ前
$('h1')
$('p')    →最初のp
$$('p')    →全部のp

copy($0)   →クリップボードにコピーされる

_

Chrome のコンソールで参照できるのは、「window.xxxx」の空間。

_

console.table({ val1, val2, val3 })

//オブジェクト型の場合
console.table({data:myObject.plan})
//↑ののよう、「data:」を頭につける。