Skip to content

01 centos7

Vagrant

(参考)
https://app.vagrantup.com/centos/boxes/7/versions/1803.01

centos/7 の suパスワードは「vagrant」

vagrant box add centos/7

mkdir centos7-4
cd centos7-4
vagrant init centos/7

Vagrantfile編集

バージョンを指定

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "centos/7"
  config.vm.box_version = "1803.01"
end

一旦、起動しておく。

vagrant up


(バージョン確認)
cat /etc/redhat-release

SELINUX 設定

ゲスト側にて、以下を設定

/etc/selinux/config
の内容を変更。
SELINUX=enforcing → SELINUX=disabled

※再起動後に有効化
getenforce

終了

vagrant halt

プラグインをインストール

vagrant plugin install vagrant-winnfsd
vagrant plugin install vagrant-vbguest

その後
vagrant vbguest
※ゲスト起動時に、ホストから実行する

ポートリダイレクト設定

ゲストの80ポートをホストの8080ポートにフォワード。 ゲストの3306ポートをホストの4306ポートにフォワード。

config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
config.vm.network "forwarded_port", guest: 3306, host: 4306

素の状態では仮想マシン起動時に rsync で同期するだけのようで、
リアルタイムで同期させるには、VitualBoxの仮想マシンに Guest Addtions が必要みたい。(プラグイン)

ホスト⇔ゲスト 共有フォルダ設定

Vagrantファイル

設定例

※CentOS7の場合、カーネルを更新しておく。

(ドライブを共有しないなら、こっち?)
  config.vm.synced_folder "./shared", "/vagrant/shared", type: "virtualbox"

(ドライブを共有するなら、こっち?)
config.vm.synced_folder "./shared", "/vagrant/shared", type: "virtualbox", mount_options: ['dmode=777','fmode=777']


※パーミッション設定
chmod 777 /vagrant


【 ゲストで apache使うときの設定例 】
config.vm.synced_folder "./shared", "/vagrant/shared", type: "virtualbox", owner: 'apache',  mount_options: ['fmode=777', 'dmode=777']

※キャッシュの読み書きは、ユーザが rootもしくは apacheでなければいけないみたい。(sudo chown -R apache:apache tmp/)

【 CentOS7 】

Guest Addtions 設定

1.カーネル更新

(kernel更新。ゲスト側で実行)
sudo yum update kernel -y
sudo yum install kernel-devel gcc -y

2.Virtual Box設定(この設定は不要かも。)

(停止後、Virtual Boxを操作)
設定→ストレージ→光学ドライブの追加(空のままでOK)

vagrant up