Skip to content

Oracle:Trigger

構文

CREATE [ OR REPLACE ] TRIGGER トリガー名
  { BEFORE | AFTER | INSTEAD OF }
  { INSERT | UPDATE [OF 列名,...] | DELETE }
    [OR {INSERT | UPDATE [OF 列名,...] | DELETE }]
    [ REFERENCING OLD AS old_alias NEW AS new_alias PARENT AS parent_alias] 
      ON テーブル名
    [ FOR EACH ROW ]
    [ WHEN 条件式 ]
      BEGIN
        処理内容
      END
;

OR REPLACE

同じ名前のトリガーがあった場合は上書きする。

BEFORE | AFTER | INSTEAD OF

トリガーを起動させるタイミング。
* before:データが操作される前
* after:データが操作された後
* instead of:データが操作されるSQLが実行された時、そのSQLは実行せずにトリ ガーだけを起動する

INSERT | UPDATE | DELETE

トリガーの起動イベント。

ON テーブル名

トリガーの起動対象テーブル。

FOR EACH ROW

この宣言があると、行トリガー。(:old、:new を使い、操作されたレコードを指定 できる。)
無い場合、文トリガー。(レコードを指定できない。)  

REFERENCINGオプション

トリガーとの名前の競合の回避。 oldまたはnewと、名前がバッティングする時、エイリアスを付けて、重複を避ける事 ができる。

[WHEN 条件式]

トリガーの起動条件。 一定の条件を満たした場合にのみトリガーを起動させることができる。  

<バインド変数(ホスト変数)>

トリガー内で更新前後の値を参照できる。  
:old.列名   :new.列名  
値が参照できるのは行トリガーのみで文トリガーは参照できない。 また、起動イベントによりold/newに格納される値が異なる。

起動イベント old new
INSERT NULL 更新後の値
UPDATE 更新前の値 更新後の値
DELETE 更新前の値 NULL

※値が参照できるのは行トリガーのみで文トリガーは参照できない。

Tips

起動イベントの分岐

起動イベントでINSERT OR UPDATE OR DELETEとした場合に、トリガー内で処理を分岐 するにはDMLの種類を評価します。

IF INSERTING THEN   -- INSERTの場合
  ...
ELSIF UPDATING THEN -- UPDATEの場合
  ...
ELSIF DELETING THEN -- DELETEの場合
  ...
END IF;

注意点

・トリガー内の処理でCOMMITやROLLBACKは禁止
トリガーは上位のトランザクションよる起動されるので、トリガー内でCOMMITを行う と、上位のトランザクションでROLLBACKができなくなります。  

・起動対象テーブルへのデータ更新 例えば、UPDATEイベントで起動されるトリガ内でデータ更新をすると、メモリがなく なるまで再帰処理を続けます

有効/無効の切り替え

無効

ALTER TRIGGER <トリガー名> DISABLE;

有効

ALTER TRIGGER <トリガー名> ENABLE;

状態確認

SELECT 
 trigger_name, status 
FROM
 user_triggers

<参考サイト>

[Oracle]データベーストリガーの作成方法
http://skill-note.net/post-579/

ORACLE/TRIGGER編 - オラクルちょこっとリファレンス
http://oracle-chokotto.com/ora_trigger.html