Skip to content

04 use1 basic

仮想マシン初期化

仮想マシンごとにディレクトリを作成する。
以下では、MyCentOSVMというフォルダを作成し、そのフォルダにて実行しました。

vagrant init <box名>

Vagrantfileという設定ファイルが作成される。
テキストエディタで内容を確認できる。
内容の詳細については公式サイトを参照。

仮想マシンを起動

Vagrantfileが存在するフォルダにて、以下を実行。

vagrant up

virtualboxを立ち上げると、仮想マシンが起動中であることを確認できる。

詳細メッセージ付きで起動(起動エラー原因の調査などに)

vagrant up --debug

仮想マシンの状態確認

vagrant status

仮想マシンのスリープ

vagrant suspend

スリープからの復帰

vagrant resume

仮想マシンの終了

vagrant halt
vagrant halt --force   # 強制的に終了

vagrant global-status
vagrant halt <id>

再度、立ち上げたい場合、vagrant up

仮想マシン再起動

vagrant reload

仮想マシンの削除

vagrant destroy

Vagrantfileは残っているので、仮想マシンを削除しても、同じ設定で再作成できる。

仮想マシンへの接続

vagrant ssh

ユーザ名は「vagrant」となる

ホストから仮想マシンへの接続

Vagrantfileにて、以下のコメントアウトを解除(以下の内容があるので、先頭の「#」を削除)

# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

この例だと、192.168.33.10 でアクセスできる。
設定変更後は、vagrant reloadで再起動。

プロビジョン設定

仮想マシンを起動した時に、一連の処理を自動的に実行できる。
Vagrantfileに以下を追記することで設定できる。

<Vagrantfileに直接スクリプトを書く場合>

config.vm.provision :shell, :inline => "script xxxx"

<作成したスクリプトファイルを読む場合>

config.vm.provision :shell, :path => "provision.sh"

【スクリプトファイル(上記では provision.sh)記述例】

sudo yum -y install httpd
sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

仮想マシンが起動中の場合、vagrant provisionと実行することで、プロビジョンのみを実行できる。

その他メモ

デフォルトで、「~/.ssh」に、公開鍵と秘密鍵が存在する?