Skip to content

確定申告

<必要な書類> * 決算書 * 確定申告書 この2つを作成する

決算書の種類

白色申告計算書

青色申告計算書

2種類 * 複式簿記方式(控除65万) * 簡易帳簿方式(控除10万)

決算書を作る。 その後、確定申告書を


<有料サポート> 申告会への参加 青色申告決裁書、確定申告作成支援

確定申告書への税理士の署名押印 (内容によっては押せないことも。要相談。)

Max 6万。 が、稼働実績が6ヶ月以上あれば、無料。 有料サービス:月額1万。


・事業収集 ・給与収入


MCEA出納帳(エムセアすいとうちょう) Excel作成→提出→仮の決算書ができる。

総勘定元帳 必ずDLして保存しておく。(税務調査が入った時に必要となる)


<サポートを受ける場合のフロー> 事前説明会の開催   ↓ MCEA出納長の作成   ↓ 申告会への参加登録   ↓ MCEA出納長のアップロード   ↓ 申告会前 決算書等事前確認   ↓ 申告会の開催   ↓ 申告・納税   ↓ 帳簿の保存


要マイナンバー マイナンバーを記載する/しない は自由。 (記載しない事による罰則規定は無いらしい)

10万以上は減価償却の対象となる。 (固定資産) ただし、個人事業主は、30万未満であれば、経費にできる。

事業用の口座:入金される口座

事業に関係の無い入出金は、「事業主貸」「事業主借」が使用できる。

勘定科目「現金」は、面倒くさい(別途、資料を作らないといけない)ので、おすすめできない。

医療費は明細が必要。

領収書はごった煮状態で保存せず、ファイリングしといた方がいい。(監査の印象も兼ねて)

交通費:日付と行先を記録したファイルを残す。(Excelでも何でもいい)。別に定期の料金でなくてもいい。

家賃:賃貸借契約書のコピー。 持ち家の場合、住宅ローン控除を使おう!

個人事業税: