Skip to content

Apt get memo

https://qiita.com/white_aspara25/items/723ae4ebf0bfefe2115c

コマンド 内容
apt-get install [package] パッケージのインストール/更新
apt-get update パッケージリストの更新
apt-get upgrade インストールされてるパッケージの更新
apt-get dist-upgrade インストールされてるカーネルの更新(Ubuntu)/ディストリビューションの更新(Debian)
dpkg -l [package] インストールされてるパッケージの一覧
dpkg -L インストールした時のファイルの一覧
apt-cache search [query] パッケージの検索
apt-cache policy [query] パッケージの検索 (インストール可能なバージョンの表示)
apt-cache madison [query] パッケージの検索 (インストール可能なバージョンの一覧)
apt-get remove [package] パッケージの削除
apt-get autoremove 使ってないパッケージの削除
apt-get purge [package] パッケージの削除(設定ファイルも)
apt-get clean アーカイブファイルの削除
apt-get autoclean 使ってないパッケージのアーカイブファイルの削除

apt-get update

パッケージを管理しているDBを更新して、最新の状態にする。パッケージの更新自体はしません。
参照する場所は /etc/apt/sources.list に記述。

apt-get upgrade

インストールされているパッケージを全更新。
追加でパッケージのインストールが必要になった場合は更新処理を止めてくれる。

apt-get clean

パッケージをインストールするために拾ってきたアーカイブファイル( *.tar.gz とか)を削除

apt-get dist-upgrade

apt-get upgrade と似てるが、違いとしては、追加で新規のパッケージが必要になればインストールしたり不要になったパッケージは削除してくれる。とにかく最新にしてくれるコマンド。
ディストリビューションのバージョン更新もするので、ディストリビューターからのセキュリティパッチを充てる時とかによく使う。

apt-get remove [package]

指定したパッケージの削除。