Skip to content

02 apache

apache:バージョンを指定してインストール

(例)
yum list | grep httpd
sudo yum install -y httpd.x86_64
sudo yum install -y httpd-devel.x86_64

(バージョン確認)
httpd -v


CentOS 7 : apache

7 より、systemctl で制御する。

起動

sudo systemctl start httpd.service

停止

sudo systemctl stop httpd.service

再起動

sudo systemctl restart httpd.service

自動起動設定

sudo systemctl enable httpd.service

自動起動の設定確認

sudo systemctl is-enabled httpd.service 

自動起動設定の解除

sudo systemctl disable httpd.service

ステータス確認

sudo systemctl status httpd.service

ps aux | grep httpd


設定変更後は apacheを再起動。

sudo systemctl restart httpd.service

※仮想環境の場合、要ポート追加。(のケースがある)

curl: (7) Failed to connect to 127.0.0.1 port 80: Connection refused

https://www.adminweb.jp/apache/

httpd.conf

様々な設定を記述。  
通常、

/etc/httpd/conf/httpd.conf

無ければ検索。

sudo find / -name "httpd.conf"

ポート追加

Listen 80
Listen 8080

(80 と 8080 で待ち受けするようになる)
特定の IPやポートから受け付ける場合、以下のような設定。

Listen 192.168.128.1:80

ドキュメントルート

コンテンツを配置しておく場所。

DocumentRoot "/var/www/html"

  ↓変更可

(例)
DocumentRoot "/vagrant/shared"

Directory 設定

webサーバは apacheユーザでログインする?
アクセスできない場合、ディレクトリそのもののパーミッションにも注意。

<Directory "/var/www">
    AllowOverride None
    # Allow open access:
    Require all granted
</Directory>

  ↓

<Directory "/vagrant/shared">
    AllowOverride All
    Options FollowSymLinks
    Require all granted
</Directory>