Skip to content

Connect note

接続情報

名前 確認方法 (11g) 使用例
システム識別子(SID) 環境変数のORACLE_SIDを確認 -
インスタンス名(INSTANCE_NAME) SQL> select instance_name from v$instance; -
データベース名(DB_NAME) show parameter db_name -
サービス名 show parameter service_name -
ドメイン名 show parameters db_domain -
接続識別子,TNS サービス名 tnsnames.ora 内で定義 SQL> connect <ユーザ名>/<パスワード>@<接続識別子>

【 システム識別子(SID) 】

ホスト内でインスタンスにアクセスするための識別子。
[初期値]
データベース作成時にデータベースと同じ名前が設定される。

【 インスタンス名(INSTANCE_NAME) 】

ホスト外よりネットワーク経由でインスタンスにアクセスするための名前。
[初期値]
データベース作成時にデータベースと同じ名前が設定される。

【 データベース名(DB_NAME) 】

データベースの名前。
[初期値]
データベース作成時に設定する。

【 サービス名 】

主に一つのインスタンスを指す。
外部から接続させる名前(インスタンス名とドメイン名を合わせた名前。
[初期値]
tnsnames.ora の「SERVICE_NAME」で記載。  

【 ドメイン名 】

ネットワーク全体でサービス名を識別させるための名前。
(サービス名がネットワーク内で重複しても識別できる)
設定しなくても良い
[初期値]
データベース作成時のパラメータで指定。

【 接続識別子,TNS サービス名 】

クライアント側のtnsnames.oraで定義される。
ホスト名(またはIPアドレス)、プロトコル、ポート、サービス名などで構成されている。
SQLPLUS などで使用。
[初期値]

ホスト側での確認

lsnrctl services

sqlplusで接続情報などを確認する

def

SQL Developerからの接続

ホスト名:インストール時は「localhost」となっている。DBサーバを指定する。

  ポート:デフォルト 1521  
  SID:tnsnames.ora を確認。  

<参考サイト>

http://tooljp.com/database/Oracle/Oracle-SID-INSTANCE/Oracle-SID-INSTANCE.html
https://www.shift-the-oracle.com/config/oracle_sid-db_name-global_name.html