Skip to content

2017 logistic note

AIの引き合いが一番多い

<AIを適用すると効果的な業務>
熟練者の技術に頼る判断
データの項目数が多すぎる
人によるバイアスを見直す

<AIが向かない場面>
サンプルデータが30件以下
組み合わせ最適化問題(営業ルート、飛行機球種者)
AIが出した答えに詳細な理由を求める

電気をつける→再配達の依頼
(インフラと組む)

2

再配達撲滅アプリ
「ウケトル」

地図システム